病院案内

院長あいさつ

鹿島病院院長 清水 保孝

鹿島病院 院長
清水 保孝(しみず やすたか)

 私たちの理念は、病気やその後遺症に苦しむ患者さまに対して、最良の医療・リハビリテーション・看護・介護の提供を行うことにより、地域に貢献することであります。そしてそのサービスは、障害に対して真摯に向き合う姿勢、仁愛にあふれるサービス、やさしく温かい雰囲気を大切にしたいと思っています。

 近年当院は、回復期リハビリテーション病床や地域包括ケア病床の開設、医師・看護師・療法士などの医療スタッフの充実とスキルアップにより、より質の高い医療的ケアを提供できるようになりました。現在では回復期リハビリテーション、地域包括ケア、特殊疾患、療養病床での医療を通じ、松江市内における回復期・慢性期医療の中核病院として一定の評価を受けられるようになってきました。

 近い将来に迎える少子高齢化社会において、地域のニーズは更に変化していくことが予想されます。私たちは歩みをとめずそのニーズに沿ったかたちで医療機能を発展させ、この地域で地域包括ケアシステムの中核的存在となれるように、さらに成長していかなければならないと考えております。


PAGE TOP